公開日: 2020年8月5日 - 最終更新日:2020年8月5日

アルバイトから正社員登用した自動車事業部支店長|長年勤務の理由

橋本屋 採用担当橋本屋 採用担当
  • シェア
  • twitter

今回は自動車事業部 フロントの佐藤さんにインタビューしました。
佐藤さんは学生時代のアルバイトから橋本屋一筋で働いており、現在は支店長を勤めています。

人生の半分以上を橋本屋で。橋本屋一筋で働く理由。

現在のお仕事について教えてください

自動車整備工場のフロント業務、橋本屋では営業部といいますが、そちらで入庫の管理やサービスの値付けをしております。
他にも受付や電話対応、板金の見積作成等のデスクワークをしております。フロント業務をする前は、整備士としてメカニックをやっていました。

お仕事の楽しいことと大変なことは何ですか?

色々なお客さまとお話したり接するのが毎日楽しいです!
いいことばかりではなく、ちょっとしたクレーム等もすべてフロントに来ますので、それが大変です。
無いに越したことはないのですが、どうしてもクレーム0にするのは難しいです。
お客様からの感謝の声もフロントで受けることが多いので、そういうときは嬉しいですね。

最初に橋本屋を知ったきっかけを教えてください

高校生の時、ガソリンスタンドのオープニングスタッフの募集でアルバイトとして入社しました。
1年間アルバイトを続け、整備工場にメカニックとして正社員登用されました。
他のメカニックはほとんどが専門学校に通って、整備士の試験に合格してから入社していますが、私の場合は働きながら資格を取ってきました。

橋本屋で長く働いている理由は何ですか?

高校生の頃からアルバイトで働いていますので、人生の半分以上は橋本屋で過ごしています。
仕事をしていてやる気の起きる会社ですね。
日々変化をしていますから飽きないですし、やればやるだけ自分の身にもなりますし、やったことはしっかり会社にも評価してもらえます。そういうことがすごく楽しいです。

 

スタッフ全員が、お客様をスムーズにご案内できるように

支店長として気をつけていることはありますか?

気をつけているのは、感情が出てしまうスタッフや社会人として良くないと思われる言葉遣いなどは、お客様が帰った後に指導をするようにしています。

あとは挨拶も大事にしています。
お客様でも知らない顔の人が社内に入ってきたら「いらっしゃいませ」。お帰りになる際には「ありがとうございました」。どうしても最初は言えないという若いスタッフたちもいますが、挨拶についてはしっかり指導しています。

他の車検場と違う点、その中で気をつけていることを教えてください

民間車検場ですので、車検・整備がメインになります。
法定の12ヶ月点検、6ヶ月点検もありますし、一般整備での故障診断もあります。普通の整備工場と違うのが、私たち一人一人がセールスエンジニアと謳っておりますので、整備をやっているだけではなく、どのメカニックもスムーズにお客様対応ができるように指導はしております。

お客様はどういった方が多いですか?

一般のお客様は全体の1割くらいだと思います。
ほとんどが法人さんのオートリース車両の整備をしています。
レンタカーとは違い、法人さんが1台借りて、同じ方が乗られます。
車検の満期日が越えないように、私たちも満期日を気にしながら、車検が切れる前に入庫していただけるようにご案内をさせていただいております。

会社の向かいにスーパーマーケットがあります。
お買い物に来られた方が、車検や板金のご相談など、飛び込みでご来店されるということもあります。
そういった新規のお客様もいらっしゃいますので、丁寧に対応させていただいております。

 

役職を意識せず自然体でいること

支店長になるまでのステップを教えてください

ガソリンスタンドのアルバイトを経て、正社員になるときにメカニックになりました。
メカニックになった翌年に整備士3級の資格を取り、その2年後に2級を取得しました。
その後、整備主任に会社から選任していただき、自動車検査員の諮問に合格しました。

工場でリーダーも務めまして、その後フロントへ異動になりました。
フロントではマネージャーと副支店長を経た後に、支店長になりました。

役職がついて変わったことはありますか?

自分では役職というのを意識しないようにしています。
上に立つから偉ぶるというわけではなく、常に自然体でいられるように意識しています。
久しぶりにお客様にお会いした際に名刺交換をすると「あれ?支店長になったの!?」と驚かれることもあります。

 

現状に満足せず、さらに伸ばしていけるようメカニックと一緒に試行錯誤を

橋本屋に入社してから変わったことはありますか?

今は仕事をする上で、言葉遣いと感情を表に出さないことを意識し、常に平常心を心がけています。
というのも、昔はすごく短気だったんです。
若いときは何かあるとすぐ顔に出ていましたので、上司からすごく指摘をされていました。
「顔に出さない」というのを今意識できているのは、過去の上司の指摘からです。
今は感情を表に出さないようにしています。

橋本屋のいいところや制度はありますか?

会社が我々社員に対して手厚いです。
海で釣りをするなどのレクリエーションがります。
コミュニケーション費という社員一人一人に予算があるのですが、使い切らないといけないという制度で、年に数回食事会をしています。

民間車検場は、3ヶ月毎に予算が達成されるとミニ表彰があります。
社員・アルバイト、全スタッフが対象になりますので、みんなそれを目標にがんばっています。

また、勤続年数でも10年(以降は5年毎)で表彰があります。
全社員の前で表彰されるので、他の支店で働く社員も刺激され、やる気が出ます。

どんな人と一緒に働きたいですか?

正直な人、裏表のない人がいいです。
機械モノを扱っていますので、人間と違って「ここが痛いよ」と故障したところを教えてはくれません。
ピンポイントに故障を見つけて、整備をしないことには故障は直りません。
やったのかやっていないのかがグレーだったり、やっていないのに「やった」というようなことがあってはいけません。
後に大変なことになりますし、命取りになります。

今後の目標を教えてください!

正直、今はキャパ的にいっぱいになってきているかなと思うんですが、そこで頭打ちにしないで更に伸ばせるように考えています。
メカニックも一緒になって、どうしたら今以上の台数をこなすことができるかというのを毎日考えながら行動をしています。
試行錯誤をしている最中ですが、更に、どんどん伸びていけるようにと考えています。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
橋本屋 採用担当

橋本屋 採用担当

株式会社橋本屋の採用担当です。みなさまに社内の様子や橋本屋の魅力が伝わるよう、社内の情報を発信してまいります。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket