公開日: 2020年8月5日 - 最終更新日:2020年8月5日

家族との時間を増やすため転職|東京の自動車整備士転職理由と変化

橋本屋 採用担当橋本屋 採用担当
  • シェア
  • twitter

今回は自動車事業部4年目、自動車整備士の増田さんにインタビューしました。
中途で入社してきて心配だったこと、安心して整備を行える環境についてお聞きしました。

中古車販売から橋本屋に転職、車両の数に驚き!

現在の仕事について教えてください

入社して丸3年になりますが、メカニックとして車の整備をしています。
数ヶ月に一度、外に行くこともありますが、ほとんどが工場内での整備になります。
車の整備もしますが、自動車検査員として車検を行なうこともあります。

お客様のお車を整備させてもらっているので、お客様が安心して車に乗れることを意識し、ミスがないように仕事をすることを大切にしています。

橋本屋を知ったきっかけは何でしたか?

転職活動をしているときに、たまたま見かけました。
インターネット検索で「メカニック」と絞って検索した際に偶然引っかかったんです。
どんな会社か興味があったので、応募をして、話を聞きに行くことにしました。

入社してから驚いたことはありますか?

入庫の台数がすごく多いのに驚きました。
前職は中古車販売の車の整備をしていましたので、売れた車の納車前と売れた後のアフターフォローで整備をしていました。
なので、中古車が売れなかったら、その分やることが少なくなるんです。

橋本屋の場合は、コンスタントに台数が入ってくるので、転職前より整備する車の数が断然増えました。

 

周りと連携しながらお客様のお車を整備

メカニック同士だけではなく他のポジションとの連携もありますか?

お客様へのご連絡は、事務やフロントのスタッフにお願いしています。
入庫した車に対して、「ここがダメで時間がかかりますよ」というのは具体的な説明もいるのでメカニックから連絡をします。
日程調整については事務スタッフがやりますので、連携しながら進めています。

メカニック同士も、得手不得手があるので情報共有をしたり、リーダーが一日の流れを管理していますので、次の作業を確認したりしています。

橋本屋に入社してから他の整備工場と違う点はありますか?

目まぐるしく動いているのでなかなか難しいですけど、今やっている仕事は法人のリース契約の方が多いので、交換基準が明確に指示されています。
それに沿って作業をすることが多いです。
走行距離が多い場合はエンジンをまるっと載せ替えることもあるのですが、時間を取れないので、他よりスピード感があるのかなと思います。

仕事の大変なことと楽しいことを教えてください

お客様はお車を仕事で使っているので、時間に余裕がない場合があります。
時間がないからと、整備で見落としはできないので、的確に迅速に終わらせるのが大変ではあります。

大変なのが楽しいというのもありますが、新しい車がどんどん入ってきますので、真っ先に触れるのは勉強になり、新しい発見もあります。それが楽しいですね。

仕事をしていて一人で解決できないときはどうしますか?

まずは周りに確認をします。
アドバイスももちろん貰えますし、お互いが分からなくても周りに聞くと過去の事例を教えてくれます。
それでも分からないときにはメーカーに確認します。

色んな所から経験してきているメカニックがいるので、誰かに聞くと、何かしら答えが返ってきます。
社内で分からないことはメーカーさんに確認することもありますが、大体は社内で解決できることが多いです。

 

メカニックは天職。できる限り続けたい。

橋本屋さんの魅力は何ですか?

忙しいですけど、そのせいでギスギスすることなく、みんな楽しく仕事をしています。
仕事中にも意見交換をしたり、休憩中にくだらない話をしたり、時間を見つけてコミュニケーションを取っています。

作業をする時はしっかり集中して仕事をします。
いい意味で、リラックスしながら仕事ができている部分はいいところだなと思います。

橋本屋に入社してから変わったことはありますか?

休日がしっかりしています。
家族との時間がしっかり取れているというのが、大きく変わった点です。
前職は平日に定休日が設定されていましたので、土日休みの家族と時間が合いませんでした。
終電まで仕事をしていたので、僕が帰宅すると家族は寝ていて、家族が起きる時間に僕が寝ているというすれ違いがありましたが、それがなくなりました。
今は家族のコミュニケーションが取れるようになりました。

嬉しかったエピソードはありますか?

仕事をしていて、僕から意見を求めることの方が多いのですが、たまに聞かれたときにすんなり答えられる内容だったり、解決ができたときには役に立ててよかったなと思います。
前職で経験した輸入車の整備で培った知識が役に立つこともあります。

これからの夢や目標はありますか?

できることをしっかりやって、楽しくやり続けていきたいです。
役職はあまり考えていないですが、フロントなど別のポジションへ異動と声がかかった場合でも、できる限りメカニックとして長く働いていきたいなという気持ちがあります。
「メカニック」という仕事自体が自分のやりがいになっています。

最後に転職を考えている方へメッセージをお願いします!

橋本屋は年代が20代〜40代と様々ですが、話が合わないということもなく、仕事をする時はする、それ以外もみんなで話をしてコミュニケーションを深めています。
年齢で気負いすることが全然ありません。
お酒を飲む人も多いので、お酒が好きな人はそれで打ち解けられると思います。

職人気質という人は少ないので、気楽な気持ちで入れますし、コミュニケーションがとりやすい職場なのかなと思います。転職を考えている人にはぜひ来てほしいです!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
橋本屋 採用担当

橋本屋 採用担当

株式会社橋本屋の採用担当です。みなさまに社内の様子や橋本屋の魅力が伝わるよう、社内の情報を発信してまいります。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket