公開日: 2020年8月5日 - 最終更新日:2020年8月5日

未来の働きやすい職場づくりを目指して|若手から見た橋本屋の未来

橋本屋 採用担当橋本屋 採用担当
  • シェア
  • twitter

今回は産業販売部 営業の東原さんにインタビューしました。

大手企業の子会社で経験を積んだ後、少数精鋭の橋本屋へ

現在のお仕事について教えてください

いま、入社4年目で営業をしています。
人とコミュニケーションをとるのが好きなので、色んな人とお話が出来るのが楽しいです。
いただいた仕事をこなせたときに、お客様からいただく感謝の言葉が嬉しいですね。

時にはこれまで受けたことの無いような難しい依頼をいただくこともあります。
依頼が難しい程達成すると気持ちがいいので、どんな依頼でも達成してお客様に喜んでいただけるよう努めてます。

前職はどんなお仕事でしたか?

前職は大手石油関係の子会社で、潤滑油販売の営業をしていました。
現職とほぼほぼ同じ業務内容ですが、前職の方が対象を絞っていたのかなと思います。

3年働いた後に、橋本屋へ転職しました。
橋本屋の方は何でもやりますね。とてもやりがいがあります。

大企業と、橋本屋との違いはありますか?

会社が大きいと正直な話、どれだけ頑張っても評価されないことがあります。
前職の人事評価の際は、面談のときに少し話をする程度でした。
自分が良くできたかどうかも見てもらえなかったので、モヤモヤしながら日々くすぶっていました。
橋本屋の場合は、一人一人二段階で人事評価をする「人事考課制度」がありますので、がんばった分だけ、やればやるだけ評価をしてもらえます。
ここが大企業と中小企業との大きな違いかなと思います。

 

笑顔と感謝の気持を忘れずに

仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

仕事で大切にしていることは「笑顔」です!
あとは、普段の生活でも一緒ですけど、どんな小さなことでも「ありがとうございます」と、感謝を相手に伝えるようにしています。
仕入先様に対しても、お客様に対しても、常に感謝の気持を持って仕事をすることが大切だと思っています。
笑顔だと、お客様とも打ち解けられますので、笑顔と感謝の気持ちは普段から意識しています。

支店内での関係性はどうですか?

栃木支店は私は若い方にはなりますが、支店長など上司のみなさんが、若い者にしっかり仕事を教えてくれているという感じです。
前職では、上司からなかなか仕事を任せてもらえませんでしたが、今は教えてもらう機会がたくさんあります。

支店長は社内でも憧れの存在です。
コミュニケーション能力がすごいので、みんなに好かれるんです。
あるクレーム対応で支店長が対応した際に、お客様に好かれてしまい、次の商談に繋がったということがあります。
僕自身もそういう人になりたいなと思っています。

社内でどんな存在になりたいですか?

会社を引っ張っていくような人になっていきたいです。
今後、会社の上に立つことを前提で、仕事を含めて自発的に行動して、みんなを引っ張っていきたいです。
言葉だけではなくて、行動をとっていくことで、誰からも信頼されるような人になりたいです。

どんな人と一緒に働きたいですか?

明るくて、コミュニケーションがとれる人と一緒に働きたいです。
コミュニケーションが取れるということは、意見も言い合えるということですので、そういう関係が良いなと思います。
これから入ってくる方も、仕事の出来る出来ないとかより、積極的に質問をしてくれるような、素直な人と一緒に働きたいです。

 

社員全員が働きやすい橋本屋を目指して

橋本屋に入社して驚いたことはありますか?

今はそんなことないですけど、当初机上の紙の量がすごく多かったんです。
紙に埋もれているような人もいるくらいでした。
ありがたいことにお仕事を沢山いただいていましたので、見積書・納品書・提案書等々、ビルの様に積み重なっていました。
その状況に驚きましたし、この状況は変えていかないと、と思いました。

最近はデータで出力することが多いので、状況は改善されています。
また紙の資料もいつまでも残しておくのではなく、データに移して、シュレッダーに流すようにしています。
紙が必要な部分はありますが、社内にもペーパーレスを促進していこうと思っています。

橋本屋の印象はどうですか?

少数精鋭の会社なので、みんな一生懸命仕事をしています。
統率が取れているなと感じます。
前の会社のときは、本当に仕事しない人はしていませんでしたから(笑)

また、やれることが増えたなと感じています。
営業としてもそうですし、一社員として提案をすることも増えました。
例えば、今までパソコンはデスクトップだったのですが、会社に提案をして、リース契約が切れるタイミングでノートパソコンを導入することができました。

これからのビジョンはありますか?

何をやるか、というのは難しいですけど、自分が自動車好きということもありますので、会社として、自動車業界の発展のお手伝いをしていきたいです。

それから、橋本屋で働いている社員さんには幸せになってほしいです。
幸せだったらその幸せがこれからも続くようにしていきたいです。
今後も、仕事がなくならないように、仕事がもらえる、仕事をとってくることが出来る、そんな会社でありたいです。

これからの橋本屋の未来像はありますか?

業務形態自体は変わらないのかなと思っています。
やることはニッチですので。
努力を継続していけば、常にそのニッチな業界の中でもナンバー1を取り続ける会社になるのではないかと思っています。
自動車事業部だと、今後事業拡大をしていって、都内でも有数な車検工場になっていくのではないのかなと思っております。

ただ、新しいことにも取り組まなければいけないので、いいアイデアのある方、募集中です(笑)

最後に伝えたいことはありますか?

休日は多いです!お給料の感じ方については人それぞれだと思いますが、休日は日数的に見ればかなり多いと思いますので、自分の好きなことを思う存分出来ると思います。

しっかり休んで、バリバリ仕事するということができます。
仕事も楽しいですけど、休みがあるから、仕事にも力が入ります。
ぜひ、橋本屋で一緒に働きませんか?

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
橋本屋 採用担当

橋本屋 採用担当

株式会社橋本屋の採用担当です。みなさまに社内の様子や橋本屋の魅力が伝わるよう、社内の情報を発信してまいります。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket