公開日: 2019年4月2日 - 最終更新日:2020年1月30日

江島支店長が変えた自動車事業部のいまとこれから

橋本屋 採用担当橋本屋 採用担当
  • シェア
  • twitter

橋本屋の自動車事業部は、もともとは整備工場とガソリンスタンドをやっていました。
ですがタイヤの量販店ができ始め、ガソリンスタンドだけでは仕事をするのが難しくなり、整備や車検を請け負う台数も増えてきたので、オーナー判断で現在の車検・整備を行なう体制としました。
今回は自動車事業部に在籍している江島哲也支店長に、橋本屋のいまとこれからについてをお聞きしました。

橋本屋に転職した理由は何ですか?

私が入社した28年前は、他の整備工場は冷暖房がないため作業場が夏は暑く、冬は寒く仕事に集中し辛い環境が殆どでした。
休みも隔週で2日間休み、または1ヶ月で1回だけ土日休みが当たり前でした。

しかし橋本屋は当時より冷暖房やコンピューター診断機完備、完全週休2日を取り入れておりました。
長女が三才、長男が生まれたばかりだったので家族との時間を大切にしたく橋本屋へ入社を決めました。

橋本屋の整備工場の特徴を教えてください

私が入社した時には整備工場とガソリンスタンドをやっていましたが、ガソリンスタンドをやめた時点で、整備車検のためのシステムを導入しました。

スタッフ全員が入庫からの工程を見られるようにするために、壁に入出庫の見える化を図りました。
お客様からの電話を誰が受けても、日程の状況把握ができ、空いている日程をお客様へお伝えし、調整することが可能になりました。
業務効率化ができるようになり、よりお客様からご依頼をいただけるようになりました。

この見える化の提案はオーナーです。
アナログな部分も残しつつ、システマチックにやっています。そんなに大きな会社でもないので、社員から意見が出たらまずは試してみます。ダメだったら戻せばいいですからね。

改装した当初は3基のリフトでやっていたのですが、洗車機を移し替えたときに検査ラインも移し替え、現在は4基でやっています。
1基増えただけで、1ヶ月に100台もの差が出るんです。大きいですよね!

お客様との接客で気をつけている点は何ですか?

お客様対応の整備説明では、フロントからではなく、メカニックからするようにしています。
専門用語を使わずに、わかりやすい説明を心がけています。
昔はメカニックをやっていた私ですが、私からの説明は信憑性がないんです(笑)
自分の車を整備した担当者から説明を受けた方が、お客さんもわかりやすいですよね?

橋本屋は中途採用のメカニックが多く、もともとディーラーにいた者もいます。
そういった意味では、挨拶も接客もできるメカニックが多いと思います。
納車引き取りの際も接客を第一に考えています!

橋本屋と同じような形態の会社では分業しているところも多いと思いますので、難しいのかと思う部分もあります。
でも、ここがあえて残す、アナログな部分、なのかもしれません。

橋本屋の大切にしていることは何ですか?

メカニックだと、土日も休みがなかったり、給与もそんなに多くなかったり、何かしら将来への不安を抱えている人も多くいます。
橋本屋に転職して、整備工場の概念が変わったという話を従業員から聞きました。

橋本屋は法人のお客様が相手なので、土日休みが基本で、休日出勤や深夜残業がありません。
平日休みたい場合も、自分や家族との時間を大切にする社風なので、申請をすれば休みが取れ、家族との行事を優先することができます。

これは社員の満足度を上げないと、お客様への接客第一という仕事ができないからです。
そのバランスを考え、工場を回していくのが私のミッションだと思っています。人がいないと仕事はできません。
男性スタッフでも女性スタッフでも腹割ってコミュニケーションをとることが大事です!

いまの橋本屋、これからの橋本屋について目標を教えてください

橋本屋独自の取り組みとして、巡回サービスを行っています。
お客様のところへ訪問して、そこで点検をするというサービスです。
地域がら医療関係のお客様も多いので、キチンとした対応ができないといけません。
接客という意味でも、技術という意味でも、巡回スタッフのスキルは高いと思います。

課題としては、ディーラーがどんどん内製化を図っているので、3〜5年はディーラーで車検点検整備を受けられるお客様が増えていることが挙げられます。
メンテパックと呼ばれていますが、その期間が切れた時が橋本屋の出番だと思っています。
そのタイミングで橋本屋がここにあることを思い出していただくこと、認知度を上げる施策が必要かな?と考えています。
向かいにはスーパーがあり、お客様がお買い物の際に声をかけてくださることもあるので、地域の方にご用命いただけるようにしていきたいです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
橋本屋 採用担当

橋本屋 採用担当

株式会社橋本屋の採用担当です。みなさまに社内の様子や橋本屋の魅力が伝わるよう、社内の情報を発信してまいります。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket