チームで力を合わせて
チャレンジし続ける

2003年入社

太田 千代美

産業販売部
栃木支店 営業 主任

燃料・潤滑油の販売(国内に限らず海外燃料や、研究開発向けのブレンド燃料など)、研究開発向けの四輪車・二輪車の部品や車両の販売。燃料・潤滑油の試験分析の窓口を担当しています。一部分、庶務や経理的な仕事も担当しています。

社員インタビュー

橋本屋に決めた理由は?

パート(事務職)から正社員登用です。実際にパート勤務していて、人間関係も良く、非常に働きやすい職場でした。また勤務地は地方でありながら、給料ベースは都内と同等というところも魅力でしたし、当時は、年間120日以上の休日を頂けるところが、とても魅力的でした。近年では、年に一度のリフレッシュ休暇など、さらにプラベートを充実させることが出来るようになりました。

仕事のやりがい、魅力は何ですか?

新しいチャレンジが必要とされることも多々あり、使命感を持ち、乗り越えることが出来た時は、とても達成感があります。また、ひとりでは難しい問題も支店が一丸となって力を合わせる事によりクリア出来た時に、このチームに身を置いていることを誇らしく思いますし、充実感があります。

橋本屋の社風や人間関係はどうですか?

困っている人がれば、皆が手を差し伸べて解決出来るよう協力し合う体制が自然と出来ています。支店内、他支店の壁を越えて、日々積極的にコミュニケーションを取るよう心掛けています。仕事だけではなく、プライベートで趣味を一緒に楽しんだりと、それが仕事にも返還してくるので、より一層良い人間関係を築いていけると思います。

仕事で大切にしていることは何ですか?

橋本屋は商社ですので、メーカー様や仕入先様のパートナーシップを得られなければ、ご要望の商品やサービスをお客様へお届けすることができません。日頃からお客様を始め、ご協力頂いているメーカー様や仕入先様に感謝の気持ちを忘れず、誠心誠意取り組むことを大切にしています。

1日の流れ

8:15出社・デスクワーク

取引先からのメールチェックをします。お客様へメールで見積りの回答を行います。 メールのチェックが完了したら、仕入先へ電話で新規案件の打ち合わせの依頼や受注の対応等を行ないます。 お客様へ送る実績データを入力し、一覧表を作成後、メールでご報告します。 協力会社へ送る分析依頼書を作成し、メールで依頼、詳細は電話にて打合せを行います。

12:00ランチ

お弁当を持参しない時は近くの食堂に食べにいきます。 同僚がいる時は情報交換など行いながら、楽しく食事します。

13:00A社へメーカー同行訪問

お客様からコストを抑えたい目的で、現行オイルの代替案の相談を受け、お客様の会社へ訪問します。

15:00B社へ訪問

依頼していた燃料の試験分析について打合せを行い、試料を預かり社内へ持ち帰ります。

16:00C社へ訪問

車両パーツリストを見ながら、購入検討部品の確認を行います。

17:00帰社

帰社後、商談案件について、最適な提案が出来るよう上司に相談します。 お預かりした分析試料を梱包し、発送準備を行います。

18:00帰宅